ワイヤーの種類!

スポンサーリンク

「ワイヤークラフト」に使うワイヤーは色々あります。
用途によっては、強度が必要だったり、さびないものがよかったりすると思いますし、雑貨を作るにしても、使うワイヤーによって出来上がる作品のイメージはずいぶん異なります。

お店には、非常にたくさんの種類のワイヤーが売っていますが、自分の作りたいものを作るにはいったいどれを選べばいいのかな?と、迷ってしまいますよね。

そこで、いろいろなワイヤーのそれぞれの特長をご紹介します。

1.ワイヤークラフトで使うワイヤーの種類

最近では100円ショップでもアルミやステンレスのワイヤーが販売されていますよね。

クラフトで使う代表的なワイヤーには次のようなものもあります。
・アルミワイヤー
・被膜コーティングワイヤー
・スチール線
・銅線
・真鍮線
・ステンレス線
・銀線、金線などです。

では詳しくみてみましょう。

1-1 アルミワイヤー

軽く、軟らかく、さびにくいためガーデニングやキッチンなど水周りの作品に使えます。
色はシルバー、茶、黒。
太さは約1.0mm~4.0mm程度まで5mm刻みが一般的です。

ホームセンターでは園芸用ワイヤーとして売られているところもあります。

私が作る作品はこのワイヤーを使うことが一番多いです。

鳥かご風鉢カバーなどガーデニング雑貨などを作るときは、鉢の重さに耐えられるよう3.0mmから4.0mmくらいの太さのワイヤーを使います。

このフォトスタンドは2.5mmと2.0mmのワイヤーで。

どちらの作品もワイヤー同士を巻きどめるときなどに使用しているワイヤーは1.0mmを使っています。

ホームセンターの園芸売り場などで売っていることが多いく、色は黒、シルバー、ブラウンの3色が多く出回っていると思います。

1-2 被膜コーティングワイヤー

塩化ビニールをコーティングしたワイヤー。
上手に扱わないと被膜が破れて中のワイヤーが出てしまうことがあるのが難点ですが、中が鉄線のものは固く、丈夫な作品が作れます。ホームセンターの資材売り場などに置いてあります。

この被膜コーティングワイヤー,クラフト用のきれいなカラーワイヤーがあります。

色がとてもカラフルで、アルミやなまし線にコーティングしたクラフト用の扱いやすいものもあります。

色がきれいで作品作りが楽しい!

やわらかいので子供でも扱えます。商品名も自遊自在と遊び心いっぱい。

そしてこちらの芯が鉄線の固いものは頑固自在というシリーズ。
色のネーミングが紅、菫、緑青などと和風な感じ。名前通り、落ち着いたきれいな色がそろっています。

1-3 スチール線(番線・なまし鉄線)

1-4 銅線

赤っぽい銅色。10円玉の色ですよね。ハンダ付けやロウ付けが可能で、丈夫に仕上がります。ステンドグラスなどに使われたりします。

これは銅線にゴールドカラーメッキをしたものです。

1-5 真鍮線

銅とスズの合金。
金色の光沢でハンダ付けができるため、比較的じょうぶな作品が作れます。
銅線同様、ステンドグラスなどに使われたりします。

 

1-6 ステンレス線

ステンレス合金。大変硬く扱いが大変ですがさびないため、キッチンなど水回りの作品に使えます。
細いものは、アクセサリーの補助に使われたりします。

1-7 銀線、金線

貴金属で作られたワイヤー。
とてもきれいですが、大変高価なのでアクセサリー制作などの時に使います。

 

RoomClipInstagramでも人気のワイヤークラフト。

ウエブでも簡単な作り方が紹介されたりしているので、自分でも男前風やアンティーク風などおしゃれな雑貨をつくってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました